スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女の名は

-其の者の名は-

ジュノ上層に居るミスラLuto Mewrilahから
ある鏡を持つ冒険者を探すように依頼され、ジュノ全域で聞き込みをしていた。
名は、サユ・バンジャオ(Sahyu Banjyao) とても小柄なミスラ族のようだ,

ルトにその事を話していると、
ヒュームの御婦人が行方不明になってしまった娘を探してルトの元を訪れて来た
Laurana「では、お願いしてもよろしいですか?
 ……わたくしの娘は、金髪で、焦げ茶色のワンピースを着ていてそして、きっと焦げ茶色の帽子を、かぶっているはず。出かけるときは、いつもかぶっていますの。」
ルトの推薦によりパロメッタという少女の行方を捜すように依頼されてしまった‥


ジュノ上層にいるある男から彼女は依頼の少女を追ってエルディーム古墳へ向かったと聞いた
俺は心配になり後を追うことに
Palometa「……うぅ。……っひっく。……おかあさん。
 はやく、おうちに帰りたい……。」
???「もう心配ないよ。‥‥!!  隠れていてください!」
Namorodo「グクウウラ‥」

なにやら急にPOPした吸血鬼みたいな名前のNMが襲い掛かって大ピンチの様子なので俺は応戦するらしい
サユ「ふぅ‥私はこの子を連れて、ジュノへ行きましょ!」

Laurana「パロメッタ……!」

ルト「ホントに良かったわねぇ。」
サユ「私は鏡に導かれてここへ来たの」

ルト「鏡について分かったことがあったら、すぐにでも、あなたに知らせるようにするわね。」


 導かれるもの
Luto「! ちょうど良かったわ」
"不思議な力を秘めた鏡が他にもあるという情報が入った。それはサンドリア方面にあるようだ、実際に行って確かめてきてほしい"新たに依頼された仕事の為俺とサユさんはサンドリアへ向かった。
サンドリアの港にある倉庫に居た男に有力な情報を手に入れ、
俺たちはオークの巣窟ゲルスバ野営地へ向かうと、そこには 鏡を手にしたオークがドラゴンを従えていた
だが、様子がおかしい。

オークは容易くドラゴンに踏み潰され倒されてしまった 暴走を止めないドラゴンはこちらに向かって牙を剥いてきた
フェロー取得クエスト
サユ「だいじょうぶだった!?」

折角見つけた鏡を割ってしまって少ししょんぼりしているサユさんを連れてルトの元へ戻る

Luto「危険だと分かっていたのに、
 行ってもらったのだもの責めたりできないわ、これは私が預かっておく」

サユさんの持っている鏡が光出した
サユ「……導きの鏡に、Ensueが映っているの……。私は、
 君に導かれていたのかなぁ?」
●●シグナルパール(耳 フェローに合図を送信できる魔法の真珠。リンクパールとは異なり、耳たぶに装着する。Lv5~ All Jobs)
「これを渡しておくね」と手渡されたリンクパールのような物を受け取ると彼女はジュノの人波に消えて行ってしまった

 これは運命フラグが立ったようだwwww  wktk
end
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

What will ensue from this?

Ensue

Author:Ensue
現在地:Ragnarok鯖と何処か
エルヴァーン♂
好きな事は世界を楽しむ事だが、ちょっぴり効率厨な面もアリ
ちなみにミスラスキーです。
ブログについて

ミスラを愛する事は正義であり、人生である。 (ドヤ

最新記事
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
FFXIリンク
FFXI検索
Loading...
Loading...
フル検索

twitter
テツマTwitter
しっぽの数
Copyright(∵)
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。