スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ragnarok鯖に降り立った夜

ナシュモへ


 -話す相手もなく 一人黙々と道を開く-

ジュノを拠点に動いていた自分はアトルガン地方には足を踏み入れた事がありませんでした

このままではレベル上げに誘われた時に困ってしまうと思い、猫社長の元へ出向き任務を遂行する事に

一番簡単なアズーフの移送装置へと差し入れを持っていく事にしました 


ナシュモではキキルンと言う名のフードを被った獣人が商売をしていました、 
オークやゴブリン等と比べるととても愛くるしい姿に頬が緩みますw

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

What will ensue from this?

Ensue

Author:Ensue
現在地:Ragnarok鯖と何処か
エルヴァーン♂
好きな事は世界を楽しむ事だが、ちょっぴり効率厨な面もアリ
ちなみにミスラスキーです。
ブログについて

ミスラを愛する事は正義であり、人生である。 (ドヤ

最新記事
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
FFXIリンク
FFXI検索
Loading...
Loading...
フル検索

twitter
テツマTwitter
しっぽの数
Copyright(∵)
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。